Charlie

Charlie

posted in: Live like a dog, People | 0
30代女性、仕事は仕事

身長は175cmはあるだろう。名前はチャーリーだけど、女性です。
ガッチリして、男っぽい、声も大きい。baseball capを被って黙々と教えてもらった技法を使って成形させる。大きな瞳は愛嬌がある。何をやっているか聞いてみた。弁護士でも、クリミナルロイヤー、刑事事件の専門弁護士らしい。
バンクーバーは住みやすい街として有名だが、恥ずかしいから隠したい、他の都市より遅れている部分もある。
それはある地域のこと。ビジネスオフィスやレストランが立ち並ぶ中心街からほど近くにその地域はある。ゾンビ映画の撮影でもしているかのような異様な雰囲気な場所。ジャンキー(薬物依存の人たち)が集まり、夜になると乱痴気騒ぎになる。この地域の夜の路上で出会う約6−7割が普通の状態ではない。夜にこの地域を歩いている時、人間がなぜこんなポーズで立つことができるのか、どうしても信じられない動きをする人たちを何人も見た。地面すれすれに浮いているのかともったら、膝をまげ、片足のつま先だけで、支えていた。意味もなくポーズをとっている。何を言っているか分からない。
怖いけれど、生命の危険を感じたり、物を取られたりと言うことはないが、まさしくゾンビ映画の中にいるような感覚といえば、想像しやすいと思う。北米でも、こんなところは他に無いらしく、ヘルシーでクリーンな街、バンクーバーのまさしく恥部だ。一箇所に集めておいた方が、管理がしやすいからということだ。チャーリーは、この地域で起きた様々な事件の法定弁護士をしているという。
陶芸スタジオでは通常のクラスの他に一回90分のリクリエーション目的のクラスがあるが、スキルを上げる通常クラスとは違い、デートや遊びで来るお客様が多い。娯楽目的だから当然、こちらの言うことを聞かない人もいて、教えたことは無視して、自分勝手にやって、いざそれが通用しないと、なぜ自分にできないのかと不満を漏らすワガママもいる。こちらもジョークを言いながらなだめすかして、笑顔で帰ってもらうが、”Customer is always right”が少しアンフェアに感じる。お互いに紳士的であってこそのフェア=rightではないか。アンハッピーなお客になるべくハッピーに陶芸を楽しんでもらって、逸脱しない範囲でこちらの言うことも聞いてもらえるかの勝負だ。笑顔で対応するが、消耗することもある。そんな僕の様子を黙って見ていたチャーリーは片付けしながら次のような話をした。
「私の目標はタクシー運転手のような境地で働けるようになることなの」と。僕「何それ?」
チャーリー「タクシー運転手はお客を拾ったら、なぜそこに行きたいなどと聞かないでしょ。乗せて、何も聞かずに安全にお客さんを行き先まで運んでお金をもらうの」
僕「?」
チャーリー「それが目標」「私のクライアントはだいたい犯罪者だけど弁護士をつける権利があるでしょう。彼らが嘘をついていると分かって有罪だと感じても、弁護するのが私の仕事なの」

「money talks」という言葉がある。全てお金を払うことで片がつくということ。
日本人の僕は、教育のせいもあってお金が全てという考えは受け入れ難く思っていた。稼ぐためだけの仕事は汚い、世の中お金じゃないと嘯いたりしていた。しかし「お金は信用の物差し」と考えるとどうだろう。経済行為はお金という”信用の物差し”で自分にレバレッジをかける行為とみなすと、稼ぐこととはいい仕事をして、他の人にとってもその人が大切だ応援したいと思ってもらうこと。たくさんあるチョイスの中から、この人に払って、サービスを受けたい。いい仕事をすれば、信用を生み、次の仕事につながる、仕事があれば、社員やその家族を食べさせていける。お金を介して自分の信用を積み上げるゲームのようなもの。そう考えるとお金自体には綺麗も汚いもない。信用の物差しは長ければ長いほど、レバレッジがかかるから、どんどん、良い方向に行く。
彼女の信用は法が定めた、弁護すべき人を自分が持つ最大限の力で弁護することで決まる。弁護される人が悪人かどうかは、裁判官が判断する。自分は与えられた仕事に最善を尽くすだけ。その報酬を素直に受け取れる自分になりたい。チャーリーの言いたかったのはそういうことだったのだろう。
僕はタクシー運転手の境地にはまだ到達しないが。

チャーリーは掃除が大好きだ。クラスの終わりには自分の使った道具やテーブルを掃除するのだが、楽しそうに綺麗に掃除をする。他人の分までやりたがる。手伝おうとすると、「私の楽しみを奪わないで!」だ。掃除は結果が目に見えてわかるのでストレス解消になるそうだ。
ちょっとした話が深く考えるきっかけになる、僕を成長させてくれる。ありがとう。お互いがんばろうね。

チャーリー:粉引の鉢、料理が映える。

粉引茶碗

 

Leave a Reply